夫の裏切りを許せない!離婚前提なら準備はなにからしたらいい?

夫の浮気や不倫に気づいてしまい、自分や家族を裏切ったというどうしても許せない気持ちのあなた。

これから先、そんな夫と添い遂げるなんて絶対に無理!って思いますよね。

かといって、離婚に向けて動こうにもまずなにからすればいいのかわからない…

この記事ではそんなあなたに、まずは「動かぬ証拠集め」を提案します。

確固たる証拠がないと、離婚に関する調停や裁判があなたにとって思わぬ不利な展開になることも。

おすすめなのは浮気や不倫の現場に強い探偵に依頼すること。

その後の離婚調停や裁判に強い弁護士にパイプのある会社だとなおいいですね。

浮気や不倫をされた被害者のあなたが、これから新しい人生をスタートするためにも清算すべきところはしておいたほうが絶対にいいです。

夫や相手の女性に対策を取られる前に、あなたも行動を起こしましょう。

\ 安心の低料金設定システム /

浮気調査専門 あい探偵に今すぐ相談する

顧問弁護士への無料相談が可能!

夫の浮気・不倫が発覚!あなたはまずなにからすべき?

夫の浮気・不倫が発覚!あなたはまずなにからすべき?
  • 確実に仕留めるなら証拠集めから
  • ヘタに自分で証拠を集めようとしない
  • 問い詰めるのは絶対NG
  • 夫を泳がせるのは下策
  • 友人や身内に相談しないほうがいい

夫の浮気や不倫に気づいてしまったあなたが、まず起こすべき行動は「動かぬ証拠集め」です。

ときには現実を突きつけられることにもなりますが、夫や相手の女性にとっても言い逃れできぬ証拠になります。

ここでは、証拠集めをする際の5つのポイントを紹介しています。

実際に浮気や不倫をされた方たちのアドバイスでもあるので、よく読んで参考にしてくださいね。

\ 安心の低料金設定システム /

浮気調査専門 あい探偵に今すぐ相談する

顧問弁護士への無料相談が可能!

確実に逃げられないようにしたいなら証拠集めから

確実に逃げられないようにしたいなら証拠集めから

夫と不倫・浮気相手を同時に仕留めるには、すぐにでも動かぬ証拠を集めるべきです。

「一緒に楽しそうにしているのを見かけた」程度では、いいように言いくるめられて逃げられてしまいます。

また、世間体を気にして夫が素直に謝罪をしてきても、相手の女性が振り回してくる可能性も大

どんな理由があっても、人の旦那に手を出すような女性には要注意です。

こういった場合は専門のプロに依頼して、より確実な証拠を揃えて夫と相手の女性が逃げられないようにしておきましょう。

すでに離婚を決意しているのであれば、夫と話し合う前に弁護士などに相談しておくとさらにいいですね。

ヘタに自分で証拠を集めようとしない

ヘタに自分で証拠を集めようとしない

よくあるパターンなんですが、コソコソ証拠集めをしていることがバレて夫とトラブルのタネになることも

仮に夫がじつは離婚を望んでいたことが発覚すると、ちょうどいいネタにされてしまいます。

夫が「後ろめたいことをしている」意識があるとあらゆるバレない対策をしている可能性もあるので要注意。

また、なんでもかんでも証拠としておさえようと動き回るのもNG。

有力な証拠の基準がわからないのであればなおさら動きすぎないほうがいいでしょう。

浮気や不倫の事実がそろって、夫や相手の女性に突きつけるその日まで、できるだけふつうに接するのがポイントです。

問い詰めるのは絶対NG

問い詰めるのは絶対NG

スマホなどから証拠を見つけてしまい、感情的になるのは仕方ないのないことです。

しかし、こういった場合、怖いのは怒りのあまり、自分が何をしゃべっているのかわからなくなってしまうこと。

冷静さを欠いた状態で問い詰めると夫も感情的になり、逆ギレされて収拾がつかなくなることもよくある話です。

さらにいえば、夫が一枚上手だと思うツボになることも。

夫がすでに離婚を望んでいて、相手の女性のところに行く気になっている場合、夫に有利な材料を渡すべきではありません。

証拠を見つけた時ほど冷静に、しっかりと画像などに記録して保存しておきましょう。

夫を泳がせるのは下策

夫を泳がせるのは下策

「ひょっとしたら一時の気の迷いで私のもとに帰ってくるかもしれない」と様子を見ようとしているあなた。

残念ながら、浮気や不倫をしている夫が自分の意志で我に返ることは稀(まれ)です。

ヘタに泳がせておく期間が長くなると、夫の罪の意識がどんどん低下して開き直る可能性も。

また、夫や相手の女性に対策をたてる時間を与えてしまうこともあるんです。

あなたが「許せない」という気持ちでいるのであれば、すぐに証拠を集めて弁護士さんに相談しましょう

友人や身内に相談しないほうがいい

友人や身内に相談しないほうがいい

夫の浮気や不倫を見つけてしまったら、まずは友人や身内に相談したくなりますよね。

しかし、意外な危険をはらんでいることを知っておいてください。

まず、相談された側が勝手に動く可能性があります。

よかれと思って…と勝手に夫を問い詰めたり、相手の女性を突き止めたり。

うまくいけばいいですが、こじれる可能性のほうが大きいでしょう。

また、誰かに相談することで、知らない間に噂として浮気や不倫のことが広まっている可能性も

人の不幸は蜜の味…といわんばかりに、相談の相談をしてしまいがちなんです。

ある程度、離婚をつきつけるところまでいくまでは、弁護士や専門の離婚相談窓口を利用したほうがいいでしょう。

夫の浮気や不倫で裏切られても妻は許すべき?

夫の浮気や不倫で裏切られても妻は許すべき?

夫の浮気や不倫で、裏切られたはずのあなたが、なぜかまわりから責められる最悪のケースがあります。

「浮気の一つや二つは男の甲斐性」なんてふざけたことをいうひともいまだに存在します。

そもそも夫に裏切られて一番ツラいはずのあなたが、夫を許す必要はありません。

浮気や不倫をしている夫を許す必要がない理由を3つあげますが、やはりまず相談すべき相手を間違えないようにしたほうがいいです。

何度も言いますが、夫やあなたのまわりの人ではなく、弁護士や専門の相談窓口を利用すべきです。

子どものためを思うなら離婚が正解な理由

1.子どものためを思うなら離婚が正解な理由

友人や知人に相談すると「子どものために今は離婚しないほうがいい」というアドバイスをされる女性ってかなり多いです。

子どもが「親の離婚」を受け入れられる年齢になるまでは…という考えなんでしょう。

しかし、よく考えてみて下さい。

冷めきった家族関係で子どもが本当にしあわせになれるのか?

親の関係がよくないことに気づかないと思っているのか?

親の離婚も子どもに与える影響はもちろん大きいです。

子どもの精神的な成長への影響は少なからずあるでしょう。

しかし、夫婦仲の不和やDVのなかで、子どもが自分が愛されていることを認識するのはかなり困難です。

いわゆる仮面夫婦が貫けるほど、子どものアンテナは鈍くはありませんよ。

あなた自身のしあわせを放棄する必要はない

あなた自身のしあわせを放棄する必要はない

意外と多いのが、浮気や不倫をされた妻がまわりから責められるケース。

夫が付き合い上手で、まわりからの評判がいいと起こりやすい現象です。

簡単にいうと、夫側の言葉を鵜呑みにして妻の信用度が下がっている状態なんですね。

ハッキリ言いいますが、被害者は浮気や不倫をされたほうのあなたです。

違う女性のもとに行きたいのであれば、夫は妻との関係を清算してから行くべきだと思いませんか?

浮気や不倫をされた挙句、あなたの幸せまで放棄する必要はどこにもありません。

どうか、あなた自身の幸せを見つけるべき行動を起こしてください。

浮気夫は知恵をつけてくりかえす世の中

浮気夫は知恵をつけてくりかえす世の中

一度浮気や不倫をしたことのある男性は、また過ちを繰り返すことが非常に多いのも特徴です。

一昔前なら、またすぐにバレていたかもしれないのですが、今の時代、逃れるための情報はいくらでも手に入ってしまうんですね。

あなたが夫の浮気・不倫について対策を調べるのと同じように、夫もバレないための対策をとるわけです。

それでも婚姻関係を続けることにメリットがあるなら、夫の浮気や不倫に関してイタチごっこをくりかえすのも一つの人生。

しかし、あなたが心の豊かさを失ってしまうようであれば、あなたの人生においてこれほど悲しいものはないと思います。

【実話】筆者のまわりでも浮気や不倫で離婚だらけ!?

【実話】筆者のまわりでも浮気や不倫で離婚だらけ!?

じつは私のまわりには、浮気や不倫に手を出してしまったメンズがかなり多い。

理由を聞いてみると、意外と奥さんや家庭に不満がある人はほんの一部だったりします。

ではなぜ、こういった不貞行為に手を出しているのでしょうか。

そのほとんどの理由が「相手に必要とされたから」「自分が守ってあげないといけないと思ったから」なんですね。

相手の女性もバツがついていて、子どもと生活苦に陥っているケースもよくききます。

また、家庭内暴力や元夫からのDVなど、彼女側にも悲惨な過去があるケースも多々あります。

要は女性側も平凡な幸せを手に入れることに必死なんですね。

しかし、それとこれとは別の問題。

男性側に家庭がある人に手を出せば、問題になることはわかりきっていることです。

もしあなたの夫が既婚を隠して付き合っているなら、タチの悪いケースにはなりますが。

それでも自分が守るべき家庭を置き去りにしている選択をしている時点で、私的にはアウトです。

この記事を読んでいるあなたは、これから心を鬼にして戦わなければならないかもしれません。

でもどうか、負けないで。

あなたにも幸せになる権利があるのですから。

まとめ

  • まずは動かぬ証拠集めから
  • 証拠集めは専門家に依頼しよう
  • 相談したいときは弁護士か専門の相談窓口へ

夫が浮気や不倫をしていることに気づいてしまったら、まずは動かぬ証拠集めから始めましょう。

直接、夫に問い詰めるのは絶対にしないでください。

また、証拠を集めるときはあなた自身が積極的に動かないように。

コソコソしているのがバレるとこじれるもとになります。

証拠集めには専門のプロに依頼しましょう。

離婚に強い弁護士とパイプのある会社を選ぶといいでしょう。

動かぬ証拠があなたをさらに傷つけることになるかもしれません。

しかし、あなた自身の幸せを手に入れるためにも静かに行動を起こしましょう。

\ 安心の低料金設定システム /

浮気調査専門 あい探偵に今すぐ相談する

顧問弁護士への無料相談が可能!

運営者情報 >